Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
ニンテンドーeショップも始まり、DSiを持ってなかったから買えなかったというユーザー様も、
「バトル オブ エレメンタル」をご購入いただけるようになりました!
そこで、今回は初めて遊ぶユーザー様の為に、「初心者の為の上達への道」と題しまして、
トレーニングモードを使った練習方法を簡単にご説明させていただきます。

なかなか相手を倒せない、対戦したときに友達に勝てないなど、お困りであれば、
「上達へのコツ」がつかめると思いますので、参考にしていただければ幸いです。

基本的な操作を覚えよう
トレーニングモードで、
 「CPUTYPE」を「NO MOVE」
 「DAMAGE」を「OFF」
 「TIME」を「INFINITY」
にしよう。
そうすると動かない相手に操作の練習がしやすいよ。
◆練習メニュー
・移動
・ダッシュ
・ジャンプ
・下降 (ジャンプ中にB)
・攻撃スタイル1 (攻撃/Bボタンを押しながら攻撃)
・攻撃スタイル2 (Yボタンを押しながら攻撃/Y+Bボタンの両方を押しながら攻撃)
・移動中に攻撃 (攻撃/Bボタンを押しながら攻撃)
・ダッシュ中に攻撃 (攻撃/Bボタンを押しながら攻撃)
●POINT
 まずは、どういう動きが出来るのか把握してみよう!
 思い通りの操作が出来ないと、相手に勝つのは難しいぞ!

動く相手に付いて行こう、攻撃を避けよう
トレーニングモードで、
 「CPUTYPE」を「HARD」(ここポイント)
 「DAMAGE」を「OFF」
 「TIME」を「INFINITY」
にしよう。
HARDにすると相手は良く動くので、練習に最適。
ダメージをOFFにしてるんで、攻撃を食らってもHPは減らないよ。
◆練習メニュー
・自分から攻撃せずに、相手のキャラを見失わないように追いかけよう
・自分から攻撃せずに、相手のキャラの攻撃を上手く避けよう
●POINT
 相手の方を向く方法は2つ。
 ・ジャンプをする
 ・ダッシュ攻撃をする
 ただ、ダッシュ攻撃は攻撃後のスキが大きいから、頻繁に使うのは避けた方が良いかも?
 そのため、より実践的なのはジャンプによる注視。
 高くジャンプする前にBボタンで着地をすれば、スキも小さいぞ。

模擬戦してみよう
トレーニングその2と同じ条件で、自分から攻撃をしてみよう。
(CPU TYPE:HARD/DAMAGE:OFF)
◆練習メニュー
攻撃をすると、スキが生まれることを実感しよう。

・スキが少ない、またはスキが無い
  →攻撃スタイル1、攻撃スタイル2、通常移動中に攻撃
   ※ただし 攻撃スタイル2 は 攻撃スタイル1 よりもスキが大きいものが多い。

・スキが大きい
  →ダッシュ中に攻撃(攻撃後にスキ)
  →ジャンプ攻撃(攻撃中は空中で停止しているのでスキが大きい)
         (攻撃後〜着地までの間もスキが大きい)

※攻撃スタイル1 (攻撃/Bボタンを押しながら攻撃)
※攻撃スタイル2 (Yボタンを押しながら攻撃/Y+Bボタンの両方を押しながら攻撃)
●POINT
 スキが大きいもの、小さいものが分かれば、より効果的に動くことが出来るぞ!
 それに、相手にスキの大きい行動をさせる事ができれば、それは自分にとってチャンスにもなる!

上級者向けの操作
トレーニングその1と同じ条件で、試してみよう。
(CPU TYPE:NO MOVE/DAMAGE:OFF)
◆練習メニュー
ジャンプしたあと、着地をすると、ほんのチョットだけど、 「硬直(キャラが動かせない)時間」が発生する。
その硬直をキャンセルして、素早く動かす「硬直キャンセル」をやってみよう。

・着地した瞬間、Rボタン攻撃をタイミング押すと、 硬直がキャンセルされ、攻撃を出す為に「攻撃モーション」に入ります。
 その瞬間!(攻撃が出るか出ないかの瞬間) ジャンプ(Xボタン) or 移動(十字ボタン) or ダッシュ(十字+Yボタン)をすると、
 さらに攻撃がキャンセルされて、 ジャンプや移動やダッシュが出来ます。
 これが上手く成功すると、「硬直がキャンセル」されて、素早く動く事ができます。

※分かりやすくまとめると
 1・着地の硬直を攻撃でキャンセル
    ↓
 2・攻撃モーションをジャンプor移動orダッシュでキャンセル
 という具合です。
●POINT
 まずは硬直した場合と、硬直をキャンセルした場合のスキの違いを試してみよう!
 (自分で試してみれば、キャンセルしたときの優位性が分かるはず!)
 あとは、上手く使えるようになるまで、反復練習だ!

まとめ
トレーニングモードで、
 「DAMAGE」を「ON」
にして、どのくらい強くなったか確認してみよう!
◆練習メニュー
※「CPUTYPE」は自由にね
 ここまでのトレーニングを積めば、EASYだと、もう簡単に倒せるようになってるはずだ!
●POINT
 これでもうCPU戦では思う存分戦えるはずだ!
 ただ、ユーザー同士の対戦では、相手も強いから、さらに色々なテクニックが必要になる!
 「MOVIE」の中に「社内トーナメント」の様子を掲載しているので、色々と参考にして欲しい。
 まだ細かいテクニックや心理戦に使える戦法などは結構あるぞ!!